2012年07月17日

2012APS ハンドガン完全王者 登場!


今、彼は最後の種目であるプレートの前に立っている。

既に最終弾はチャンバー内に装填済である。
プレートはひとつを残して全てが倒れている。
一度深呼吸をして、彼の右腕が静かに動き、トゥリガーに指が掛かる。・・・・。
その瞬間、プレートが倒れた。
ここにAPSにおいて前人未到の記録『200点満点』が達成されたのである。

彼とは『JANPS完全王者』のヨコタマサキ選手であります。ヨコタ選手はAPSハンドガン部門フリーサイトクラスで200点満点の完全制覇を果たし、グランドチャンピオン戦においても見事に優勝されたのであります。
またフリーサイトクラス初のグランドマスターバッジを獲得したのです。


『銃は熱いうちに撃て!』と言うことでヨコタ選手に心境などお聞きしました。


                                    (写真提供:ヨコタ選手)   

おーちゃん
『プレートまでシルエット40点、ブルズアイ100点と来ましてプレート残り1枚、倒せば60点
計200点の満点で完全制覇ですがに最終弾を撃つ前、又は撃ち終わったあとは何か考えましたか?』


ヨコタ選手
『最後のプレートについては、これが当たれば何点とか考えず、1発1発丁寧に撃つ事だけ集中してました。最終弾を撃つ前にふと、これ外しても「グランドマスター」に手が届くと考えてしまいました。それで気が楽になったのか、最高のエイミングと綺麗なトリガープルでヒットできました。』


おーちゃん
『今回のハンドガンの特長(バランス、トゥリガーフィーリング等)を教えて下さい。』


ヨコタ選手
『ガンは1300gあって結構重いと思います。トリガーチューンはベテランAPSシューターさん達にかなわないと思いますが、精度アップの越後屋オリジナルのマル秘チューンを施してあります。』


おーちゃん
『あとにも、さきにも大偉業達成されて、今どんな気持ちですか?』


ヨコタ選手
『前人未到のオールクリーンを成し遂げた達成感に包まれています。しかし、JANPSの達成感とは、また異質ですね。』


おーちゃん
『今回の弾への拘りはどうですか?どこの弾で重量はどの位ですか?』


ヨコタ選手
『スペリオールの0.3gです。同じ0.28gでもいけますよ。精密射撃に使うには選別必至です。』


熱く語って頂いたヨコタ選手でありました。『新幹線MAXとき』かな?愛妻と愛娘が待つ越後は上越に帰っていきました。

おーちゃん編集後記:15日(日)遅くミクシを観ました。何かどえりゃあことがおこったみたい・・・。早速ご本人様に確認を取りましたら、何ですか?これ? おーちゃんはAPSに2日間行ったのに!
長野の棟梁さん、上越ヨコタさんにゴルゴ。静岡のサトちゃん。皆に会いたかったなぁ~。
ヨコタさん、JANPS勢の寝た子達起こしたんでないの? APSに。

さてさて次回のこの人登場は?・・・・・・・この方でおます。
  


Posted by おーちゃん じぇい じぇい 中野  at 14:06Comments(4)