2018年05月25日

ちょいと閃(ひらめ)いたクローン1号❣️(⌒-⌒; )



おーちゃん じぇい じぇい 中野でおます。

JANPS改訂ルールにより、メインガンにトラブルが生じた場合、メインガンと形状が同じで、当然ガンチェック後に競技に復帰することになりまする。

それで無くとも、お金のかかるカップガンですから、同じものを二丁所持するのは大変です。
昨年のJANPS会場で、清水の舞台からパラシュート着けて飛び降りたつもりで、フリーダムアートさんの”ギルモアタイプ”のシュラウドを購入致しました。

同シュラウドはガンを挿入すれば即、立派なギルモアタイプカップガンになりまする。
”JANPS予備校”は本物ターゲットを使用しての練習会ですから、いろいろなタイプのカップガンで撃ち比べるのも良し、本番を想定しカップガンの中身を取り替えて、撃つのも良いかなと思いまする。

このフリーダムアートさん考案のギルモアタイプはガントラの場合、中身の交換となりますので同じ物を準備しておくのが良いかなと思いました。( ´∀`)

同じスライド、フレーム、ブリーチ、インナーバレルにしておき、変えても同じ初速に合わしておくことです。所謂クローン1号deおますな。( ´∀`)
細かいパーツは多少持参しますが荷物は、多少減りまする。
(⌒-⌒; )

iPhoneから送信







  


Posted by おーちゃん じぇい じぇい 中野  at 10:30Comments(0)