2014年08月29日

ニューナンブに憧れた日。

おーちゃん じぇい じぇい 中野でおます。

その昔、真田広之主演の『新宿鮫』を見たときにプロップガンとしてニューナンブが出て来ました。踊る大捜査線でも青島刑事がデトニクスを持つ殺し屋と相対する時に風俗店にて発砲しました。湾岸署において銃器の所持命令が出され、恩田すみれ巡査部長以下が銃保管庫より携帯するシーンは印象に残っておりまする。ニューナンブの名称の由来は、日本の銃器開発の第一人者でもあった南部麒次郎氏にちなんで名付けられたものだそうです。

ニューナンブもどきの2インチモデルでありマッスル。写真で見ますと使い込まれた感じが出ておりますが、樹脂のグリップ(かなりバリがついたりして・・・粗悪品かな?)を購入し、フロントサイトを作り治して、塗装して仕上げたものでおます。今から15年前位のものでおます。

これはニューナンブキットで購入したものでおます。これはしっかり出来たキットでおましたな。確か板橋区役所近辺にあったカスタムショップで購入したものでおます。もうこのお店は無いと思いますが・・・引っ越しされたかもわかりませんが・・・・。

これはマルシンの”ポリスリボルバー”で8mmBB弾のものでおます。3インチモデルも持っておりますが、この銃のあとヘビーウェイトが出た様な気がします。マルシンさん8mmのM29出してくれないかなぁ~。

一番手前はM37ライトウェイトでおます。購入しましたが、やはりニューナンブ独特の良さは感じられませんね。やはりあのグリップ形状がすきですね(笑)






Posted by おーちゃん じぇい じぇい 中野  at 16:06 │Comments(0)

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。