2014年11月24日

2014JANPS座談会 前編

おーちゃん じぇい じぇい 中野でおます。

さて、先日11月9日(日)に行われました2014JANPSでございますが、エントリー数がJANPS史上最高の70名超となり、シューティングの聖地掛川、JANPSの殿堂”あすなろ体育館では熱い戦いが行われました。当日の天気は前日土曜日の暖かさもどこへやら・・・。一転して寒い1日となりましたが、”あすなろ体育館”は「少しも寒くないわ~♪」でございました。今回、同実行委員会のお三方、おしょうさんことムラマツ代表、棟梁さんことハヤマさん、ばぶるすさんことタカシマさんにお忙しいところ、ご参集頂きまして2014JANPS座談会をして頂きました。ではでは・・・・。


おーちゃん中野:『今回のJANPSはJANPS史上最大のエントリーがありましたが、皆様はどうお感じになられましたか?先ずはJANPS代表のムラマツさんからお願い致します。』

ムラマツさん:『先ずは、JANPS2014にご参加頂き、誠にありがとうございました。やはり9月開催のJSCと期間が空いた為か、たくさんの方に参加希望を頂き、最終的には71名の方が出場され、大変賑やかな大会となりました。選手の皆さんのスコアも例年にないハイレベルな闘いとなりました。』


おーちゃん中野:『棟梁さんことハヤマさんは如何でしょうか?』

ハヤマさん:『今回は初の定員オーバーの70名を越える参加を頂き本当にありがとうございました。各メジャーマッチで毎回定員オーバーという状況が続いていますが、いよいよJANPSにもその波が押し寄せてきました。』


おーちゃん中野:『ばぶるすさんさんことタカシマさんは如何でしょうか?』

タカシマさん:『ここ2~3年は参加枠にも若干余裕があり、JANPS熱も少し落ち着いてきたのかなと思っていたところだったので、今年のエントリー増加は良い意味で驚きました。なんといっても、アンビシャスコースに多くの人が名乗りを上げていただいたことと、エキスパートコースも全体のレベルが大きく向上したことは主催者としては本当にうれしいです。エキスパートコースの総合得点の平均は、2010年のときに比べてなんと90点近くも上がっているんですよ。JBC(JANPS Basic Challenge)の導入とエントリーシステムの変更や、マック堺さんがJANPS DVDを作っていただいたり、多くのシューティング関係者の方々がメディアやインターネットなどでこの競技を取り上げていただいたことの効果が、一気に今年になって出てきたのかなと思います。』

【おーちゃんのひとり言】
2008年の7月にお江戸から211km先、そして中央道30km渋滞の中、長野県は松本の”松本市寿台体育館に単身出向きまして、初めて棟梁さんにお会いし、その年の11月掛川のJANPSを息子と見学に行きました。そこでムラマツ代表お会いしました。その後毎年5月に”JANPS予備校が開設され、唯一JANPSターゲットが撃てる練習会なので掛川まで出向き、ばぶるすさんにJANPSテクニックを教えて頂きました。
そして早7年の歳月が経過しましたが、今年は例年にない盛況でとても楽しい1日でございました。おーちゃんブログもJANPSの話題を取り上げさせて頂いて微力なりにもお役に立てたのではないかなと思っております。今回の座談会におきましては少し事を性急しすぎましたことお詫び申し上げます。後編もお楽しみにぃ~。
尚、写真一部につきまして、モリケンさんよりご提供頂きました。有難うございました。



















Posted by おーちゃん じぇい じぇい 中野  at 10:50 │Comments(0)

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。