2017年02月10日

タナカのリボの魅力(  ̄▽ ̄)




おーちゃん じぇい じぇい 中野でおます。

最近の虎穴堂は殆ど”昆バットプラクティス”が主体です。
片や横浜のウーパー射撃組はスピード系主体で活動しております。
正にタクティカル vs シューティングでありますな。

5月にはアンリミテッドやJANPS予備校もあり、レースガンやカップガンの季節になりますが、このところリボ熱に侵されておりまする。

リボはオートに比較すれば一般的には命中率が悪い、弾速が遅い、安定性がない等あります。
ましてはタナカのリボJフレームは銃身も短くあたるんかいな?
の状態です。

しかし、なぜ?これに魅かれるのでしょう。

タナカは質感が他社に比べて良いこと、ペガサス採用でグリップは実銃グリップが加工せずに装着できる。外観が綺麗などなど
しかし、当たらない子ほど、何とか当たらせようとするではないですか( ̄▽ ̄)

入込んでしまうのです。



iPhoneから送信






Posted by おーちゃん じぇい じぇい 中野  at 00:01 │Comments(1)

この記事へのコメント
おはようございます(^-^)vおーちゃんさん、皆さん♪
今は一人に一丁、リボルバー所持していないと仲間に入れない位?リボルバーブームなご時世でおますが…
ブーム以前からリボルバー専門に戦っている我らがリボルバーの懺悔の神様?仙ちゃんさんやおーちゃんさんとは別人の中野さんやGWAのアラーキー先生とか…その他 リボルバー使い手の皆さんに心から尊敬の念を表しますm(_ _)m
皆さんの手に掛かると、当たらない?が常識なリボルバーが面白いように的に当たる風景を摩訶不思議に眺めていたわっちです^^;
タナカワークスさんのRタイプのPythonは良く当たります(^-^)v
良い時代になったものでおますm(_ _)m
Posted by 国家老ポストマン at 2017年02月10日 07:25
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。