2020年02月14日

スライドストッパーの加工deおます。(≧∇≦)( ̄∇ ̄)



おーちゃん じぇい じぇい 中野でおます。

このところダットサイト付きのレースガンを全く撃っておりもはん。(≧∇≦)

昆バットプラクティスは近距離戦闘の為、タクティカル系で実弾と同じ弾数にしてリロードしながらコースを回る方が面白いのです。

ロングマガジン1本あれば回れてしまいますが味気ないものdeおます。
しかしながら、WAの銃は残弾撃ち尽してホールドオープンしますが‥‥。

ん?1発残しでリロードしろって?そんただモン考えている暇無いもん!

話を戻して‥‥。
ホールドオープンし、リロードしてからスライドを引いてチャンバーに送りこもうとしてもストッパーが解除しません。(≧∇≦)

それを解消する為にストッパーの引っ掛かりの部分をスライド切り込み部分と同じ大きさににしますと、リロードしてスライドを引けば弾をチャンバーに送り込めまする。お写真1枚目は上がピンガンの物で加工済みで、手前が今回加工するものでありまする。
ABS板を小さくカットして合わせて、接着しプラリペア又はパテで補強します。

スライドの切込み部分に合わせながら削りまして、塗装の後完成deおます。
( ◠‿◠ )v

iPhoneから送信






Posted by おーちゃん じぇい じぇい 中野  at 00:00 │Comments(1)

この記事へのコメント
私の記憶が確かならば…ウイルソンコンバットTSGCがちゃんとスライドを引くとスライドストップがストンと落ちたような気がします笑
 そうなんですよね、私のWA V10もこのようにスライドストップがストンと落ちてくれないかな❓笑笑
Posted by 国家老ポストマン at 2020年02月14日 11:30
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。